技術写真 | Studio NAPS【スタジオナップス】

Technical 技術

正確な技術は
様々な分野の
ビジュアル化に
対応します。

NAPSの技術 NAPS PERFORMANCE

  • ライティング

    用途に合わせて光の質と位置を決める。私たちフォトグラファーにとって最も重要で、楽しい作業です。技術を背景に感性で組みたてるライティングは、全ての撮影の基本です。ストロボ・LED照明全ての特性を調整管理し正確な色・形・質感を描写します。

  • 文化財・美術品アーカイブ

    その時代の最良の撮影機材でデジタルアーカイブ「社会的資産」を作成し、将来に託します。弊社のカメラは美術館でも使用されているHasselblad H6D-100c Sinar P3-DF 86Hを使用。撮影時のライティングは光の成分と波長を調整し有害な光線をカットし、美術品や歴史的資料等へのダメージを極力少なくします。写真 国宝日光東照宮回廊全記録

  • 精密描写・工業製品

    専門家向けのビジュアル撮影。例えば、金属加工ドリルから5ミリ先に飛んだ切羽の色変化で、専門家は加工の正確性・仕上がり精度・耐熱耐久性などが判断できます。ドリル回転数と抵抗値から飛散初速を算出し、カメラのシャッター速度とストロボの発光時間を決定、製品性能が正しく、美しく伝わるライティングと構図で撮影。(スチール1億画素&ムービー8K )

  • FOOD フード/シズル

    美味しく食べてもらう。買ってもらう。気持ちよくお金を使ってもらうための幸福写真です。シズル撮影は調理・ライティング・コーディネィトを組み合わせ、香り・音・食感の記憶を引き出し、見る人に訴えます。レシピ開発・調理法・料理教室など、料理食材に関するスタイリングから撮影まで一貫して提案施工できるのが弊社の強みです。

  • 建築

    住宅やインテリアなど住みたくなる・買いたくなることを目的とした販促撮影と、建築撮影は分けて考えます。建築撮影は、テクスチャーの正確な記録や環境との調和・デザインの目的の描写です。目的を明確にし、時には併用し効果的な写真・映像資産の構築に貢献します。写真 東根市タントクルセンター

  • 空撮・ドローン

    建設の記録や都市計画・観光PRなど、高所からの撮影を行います。低高度(通常対地150m未満)でのドローン撮影からセスナ・ヘリコプターからの空撮まで、目的に合わせた撮影が可能です。ドローン撮影時の許可申請・操縦・撮影などすべて法規に準じて進行可能です。写真 セスナからの布引高原

  • ランドスケープ

    設定した視点からの景観解釈で、風景・景観の撮影と高精細記録を定期的に行っています。映像化された素材は、観光PR・景観アーカイブとして機能します。 歳時記等とあわせて、ワクワクする絶景風景写真展も開催しています。写真 秋元湖水位推移記録

  • ケミカルプロセス(銀塩フィルム)

    化学薬品を多用するフィルム処理は環境への配慮から行っていませんでした。しかし最先端のデジタル機器でも表現できない領域があり、その表現が必要な時は環境対策を施した安全な暗室でゼラチンシルバープリントに取り組んでいます。人物のモノクロプリントを見ればフォトグラファーの技量の全てがわかると言われており、写真技術の基礎として継承したいと考えます。

  • 人物写真

    企業人から政治家、職業人のポートレートはその人物像のアーカイブとなります。家族写真も同様です。地元限定で時折開店する「備前舘写真館」は人気です。郡山での家族写真、成人式写真、遺影写真など、お問い合わせください。

Contact お問い合わせ